ようこそいらっしゃいませ

豊田家住宅

東西に通る街路に北面して建つ。切妻造、桟瓦葦、平入、木造2階建で、正面は出桁造とする。 構造は真壁造、正面外壁は鼠漆喰塗とし、2階開口部に手摺を設ける。 倉吉の伝統的な町家形式を保持しており、打吹玉川保存地区に連なる町並み景観を形成している。

淀屋の光と影

大都会大阪の中心に架かる「淀屋橋」の名前の元となった天下の豪商「淀屋辰五郎」は五代目のときに、闕所・大坂処払いの極刑を受けて没落。【続きを見る】

たまゆらの人生、里見安房守忠義

御存知、滝沢馬琴「南総里見八犬伝」のモデルと伝われている、房総里見十代里見安房守忠義の無念の想い、真実の里見の歴史を語る新作歴史講談。【続きを見る】

近代日本を拓いた母の愛

尊王の父と評価される第119代光格天皇の御生母は、倉吉出身の町娘“つる”でした。
今の天皇家には倉吉の血が流れているのです。

【続きを見る】

見学、講談についてお気軽にご相談ください

豊田家住宅
とよだけじゅうたく
〒682-0863 鳥取県倉吉市西町2701

TEL・FAX 0858-23-0440
E-mail toyodake@apionet.or.jp

レトロン九曜星占盤赤瓦散策モデルコース